夏のゴルフに持っていくと重宝して便利なもの

ゴルフを始めてたのが秋で、その次の夏にもゴルフを楽しもうということになりました。
しかし、秋と同じような持ち物と服装で行ったということもありイメージしていたよりもかなり日焼けもしてしまった上に汗で服もベタベタになってしまった経験があります。

そのことから、きちんと夏には夏らしい格好をしなくてはならないんだなと学びました。持って行って重宝したものがタオルはもちろんのこと、着替えと日焼け止め、そしてサングラスや長袖のインナーでした。

夏場なので涼しさを求めていましたが、夏場でも長袖じゃないとかなり日焼けで痛い思いをするということを学んだので長袖を着ましたが、本当に役に立ちました。以前はハンカチを持っていましたが、汗の量を考えると全く追いついていなくて重宝するものはタオルだなと学ぶことができたので、次はタオルも2枚くらい持って行きました。

また、服の素材にも気をつけるといいです。以前は暑さ対策のために綿の素材の服にしていましたが、それだとなかなか汗が乾かなくて悩んだので速乾性に優れた素材のものにしてみたところ、本当に乾いたのでやっぱり乾くものが良いなと思いました。

また、ハーフパンツだとマナー違反なのかなという気もしていたのて、以前は長いズボンを履いていましたがハーフパンツでも良いとのことだったので今回はハーフパンツにしてみたら、とても快適でスッとしました。

もちろん足には日焼け止めを塗りましたが、そのおかげかイメージしていたよりも焼けなかったのでよかったです。
日焼け止めはドラッグストアやコンビニでも売っていますが、先輩からすすめられたこのゴルファー専用 日焼け止め を使っています。
ゴルフ専用に作られた日焼け止めということでプロゴルファーの愛用者も多いようですね。

ドリンクを凍らせておいてクーラーボックスも持って行ったので、冷やしておきたいものは冷やしておくことができて熱中症になってしまうこともありませんでした。冷たいお絞りを凍らせて何個も持っていき、みんなに配ったらとても喜ばれたこともあります。特に会社のコンペとかだとこういう気遣いができるとよいでしょうね。

夏場にゴルフをするとなると、暑いし汗だくになるというイメージがありましたが、いろいろ考えて持っていけばイメージしているよりも快適に楽しむことができるんだなということがわかりました。これからは夏にも楽しめるしゴルフの楽しさが広がって良かったです。

 

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ