ゴルフボールの選び方とおすすめ

ゴルフボールの選び方は、その人の技術によって異なりますが、私が最初に購入したのはディスタンス系です。特に初心者の方にはおすすめできるゴルフボールになります。

 

おすすめする理由はの1つは、ディスタンス系は飛距離や直進性を重視しているので、ボールが浮いている時に曲がりにくと言う性質があるからです。初心者の場合は特に真っ直ぐに飛ばす事が慣れていないため、ディスタンス系のボールを使用し慣れていく必要があります。

 

ボールを選ぶ時の基準としては、ゴルフボールの硬さがあります。ボールに当たった瞬間にボールは潰れますが、その潰れた状態から反発してボールは飛んでいきます。つまり硬すぎるボールはあまり潰れないので飛距離はでません。逆に潰れ過ぎても反発に使用されるエネルギーがロスしてボールは飛ばないので、私が最初に行った事は自分のパワーがどれ位あるか調べました。つまりパワーのない人が硬いボールを選んでもボールは遠くに飛びません。

 

ゴルフボールの選び方はとしては、自分のヘッドスピードを調べそれに合わせたボールを選ぶ様にします。最近のゴルフボールのパッケージには、適正ヘッドスピードの表記もありこれを参考にする事をおすすめします。

仮に自分のヘッドスピードが分からない時は、自分の平均的なドライバー飛距離を5.5で割った数字が大まかな数値となるので、それに合わせたボールの硬さを選びます。

 

先に述べたディスタンス系のボール以外にもスピン系のボールがありますが、これはアプローチの際にボールがよく止まる様にスピンをかける場合に有効です。但し高い技術を要する為に上級者向けのゴルフボールとなります。

更にゴルフボールの要素としては、初速、打ち出しの角度、スピン量なども関係してくる為、これらはゴルフ自体に慣れてきたら徐々に考慮すると良いです。また、ボールの特性としても打った際の高弾道、低弾道により飛び方の種類も異なっていきます。これらの事も考えそれぞれの種類を選ぶ様にします。

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ