ゴルフにかかる一般的な費用

ゴルフは過去において一般的には金持ちのスポーツと考えられていましたが、近年においてはそういう考えは減っているように感じれます。また、民間企業同士の交流のためのコンペは今でも行われているようですが、民間企業が公務員等を接待するためのいわゆる接待は世間の目や、過去において問題視されたこともありほとんど無いと思われます。

しかし、民間企業同士は接待ゴルフはあるかもしれません。いわゆるバブルの頃はそういうプレーヤーがたくさんおり、その人たちに影響されてプレーを始める人がおりプレーヤーは増えていたのですが、それから時間も経てみんな相応の年代になり運動能力の衰えからプレーヤーも減り、ゴルフ場の数とのアンバランスが生じてまいりました。

そのため経営者は顧客獲得のためプレーの費用を安くし、あれやこれやのキャンペーンで顧客集めに一生懸命です。また、若者の参入が少ないため何とか費用を安くして若者集めに努力しています。過去に熱心だった人も年金生活者となっており費用の安いゴルフ場を好みます。

ゴルフ人口の少子高齢化のため会員権相場も大幅に値下がり現在も全く回復の兆しは見えておりません。一部、大企業が所有するゴルフ場はトーナメントのスポンサーになり、自らの所有するゴルフ場でトーナメントを開催するなど会員権相場も上がっています。

プレーにかかる費用の件ですが上記に述べた状況によって実際にプレーする人の数は日本の少子高齢化とも重なり急激に減っています。そのためゴルフ場では客集めのため様々な賞品をともなうイベント、プレー費用のダンピングなどを懸命に行っています。逆に安いプレー費のため経営者はコース整備のための費用が捻出できず、そのためコース整備が不十分でプレーヤーの不満を買いプレーヤーの再来場を減らす悪循環に陥る可能性あります。

私の地方での現在のプレー費用は平日高くて7000円、土日で10000円といったところが普通でしょうか。それ以上高い所ではやらないのが当たり前です。メンバーさんはその限りではありません。

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ