夏場の炎天下でゴルフをする時の暑さ対策

 

ゴルフが趣味なので、一年中ゴルフ場に行きますが、ゴルフのラウンドを回っていると、休憩所やトイレ以外は日陰になる場所がないので、夏場は特に暑さ対策が必要です。

私が夏場の炎天下でゴルフをする時に行っている暑さ対策を紹介します。

 

水分とミネラルを補給

夏場は暑いので、汗を大量にかいて水分とミネラルが流れ出るので、ミネラル補給と水分補給ができるスポーツドリンクでこまめに飲みながらラウンドを回ります。
コースを歩きながらミネラルを取るのに、ポケットには塩飴やサプリメントも持参して舐めながらプレイします。

 

高機能ゴルフキャップ

炎天下では直射日光が頭上から当たるので、ツバ付きの帽子を被るんですが、最近は水でぬれると蒸発した気化熱で冷やしてくれる高機能のゴルフキャップも出ているので、暑さ対策として使ってます。

額から流れ出す汗が目に入ると、痛くてゴルフに集中できなくなるので、ゴルフキャップの額部分に貼り付けるタイプの汗吸収パッドも売っているので、私は必須アイテムとして使ってます。

また、水の蒸発の気化熱を使った製品には、バンダナタイプや、マフラータイプもあるので、熱中症対策としてものすごい暑い日には使ってます。

 

汗のニオイ対策

最近はスポーツ用の肌着も長袖タイプで涼しい冷却機能や紫外線対策や汗のニオイを抑える抗菌防臭タイプも出ているので、加齢臭が気になっている私でも快適にラウンドを回れます。

 

グローブ

昔は革製のグローブが多かったんですが、最近は暑くても汗で滑りにくく、水に濡れてもすぐに乾いて快適な合成皮革のグローブが売られていて、すごく薄くてフィットして紫外線もブロックしてくれる優れものなので、特に夏の炎天下では必須アイテムとして使ってます。

 

即効性なら冷却スプレー

クラブハウスの売店でも最近良く暑さ対策で売られているグッズに、冷却スプレーがあります。
以前売られていた冷却スプレーは肌に直接かけるタイプが多くて、ベタベタになって不快で使って無かったんですが、最近は服の上からかけられるタイプがほとんどなので、夏場の暑さ対策の必須アイテムとしてゴルフバックに入れてます。

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ