ゴルフ場選び

ゴルフ場選びは、コース選びが大切です。料金の安さやアクセスも大事なポイントですが、それにつられて選ぶと使えない奴・・なんてことになりかねません。

ただでさえ、初心者のうちはボールに当てることだけに夢中になってしまいがちです。アップダウンの激しいコースや池越え谷越えバンカーだらけに砲台グリーン。いずれは挑戦してみたくなりますが、初心者のうちは避けるべきと言えるでしょう。また、フェアウェイが狭いラフが深いなんてコースも初心者向けとは言えません。

また、前後を気にせずプレーできる時間帯(10:30前後)を選ぶこと。

最後に2サムでも割増料金なしてプレーできるゴルフ場も沢山ありますよ。

 

ゴルフ場を予約するポイントとは

ゴルフ場予約の際に、「どんなゴルフ場を選べばいいのか」と迷うこともあるでしょう。初心者向きのゴルフ場はどうやって選べばいいか?そんな皆さんに、ビギナー向けのゴルフ場を予約するポイントを紹介します。

まず、フェアウェイが広いコースを選びましょう。

フェアウェイが狭いコースは、どうしても心理的に「曲げちゃいけない。」「まっすぐ飛ばさなくては」とプレッシャーがかかります。

フェアウェイが広ければ、それだけナイスショットゾーンも広がります。

また、起伏の少ないフラットなコースを選ぶと良いでしょう。

楽天GORAでは、各コースのページでコースレイアウトが確認できます。また口コミで予約したゴルファーの平均ハンディキャップを見ることができますし、初心者というキーワードで探すこともできます。

その他に、下のキーワードでコースを探すことができます。

送迎バス / 2サム / スルー / ジュニア / シニア / 貸切 / 距離 / 予約 / ラフ / ハザード / カート / 電動カート / レート / 二段グリーン / / 戦略的 / 風景 / パノラマ / 優しい / 挑戦 / 絶景 / ドレスコード / 攻略 / 名門 / 戦略 / 難易度 / レイアウト / リンクス / ラウン / クラシック /

関東のゴルフ場予約

関東のゴルフ場予約はこちらから都道府県を選んでください。

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 山梨県 / 長野県 / 静岡県 /

 

ゴルフ場予約 近畿 東海 中国

近畿、東海、中国地方のゴルフ場予約はこちらから都道府県を選んでください。

近畿 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 /

東海 / 岐阜県 / 愛知県 / 三重県 /

中国 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 /

備えあれば憂いなし!ゴルファー保険の選び方

ゴルフを趣味として楽しまれている方は入っておきたい保険がゴルファー保険です。
​ゴルフは趣味だけではなく、お仕事のお付き合いで土日はほぼプレーをしているというほどお忙しくプレーする方もいらっしゃいます。まだ上手ではないにも関わらずお仕事のお付き合いでプレーをしなければならない方も多いスポーツです。不慣れなうちはケガなど思いもよらないことが起こりやすいので、特に始めたばかりの方はゴルファー保険に加入しておく方が良いでしょう。


ゴルファー保険の補償内容としては自身ケガの補償はもちろんのこと、プレー中に他の人にケガをさせてしまった場合の補償や、ゴルフクラブの補償に加えてホールインワン補償などがあります。

選び方としては自分の目的に合わせてどの補償を手厚くしたいのか選ぶようにしましょう。保険料金を比較することで加入する保険を選ぶのも選び方としては選択肢の一つには入りますが、補償内容を薄くすることで保険料金を安くすると万が一の時に困ってしまう事態がないとも限りませんので、保険料金を安くしたい場合は保険期間を絞ることで安くする方法をとる方が良いでしょう。

保険期間は2年間などの長期に渡るものから、1泊や2泊などの短期間から加入できるものもあります。もしも保険料金を抑えたいのであれば、短い期間のゴルファー保険に加入すれば保険料金を抑えられます。


ゴルフはゴルフクラブを振ってボールを飛ばすスポーツです。万が一そのゴルフクラブが他人に当たってしまうと大けがをさせてしまう可能性があります。また、ゴルフボールもとても固いボールですので、万が一他人が打ったボールが当たってしまったり、逆に自分が打ったボールを他人に当ててしまうと大変なことになってしまう可能性もあります。

ゴルフはスポーツとして自分はもちろんのこと、他人にケガをさせる可能性の高いスポーツですので、保険には加入しておくようにしましょう。高いクラブをお使いの方はクラブの破損や盗難にも保険をかけることが出来ます。

暑い夏場のゴルフを熱中症に注意して乗り切る方法

暑い夏場のゴルフは、特に熱中症に注意しないとだと感じています。夏場にプレーしている最中に、夢中になってしまい水分を補給したりするのも忘れてしまい熱中症になりかけました。


帽子もかぶっているし水分もしっかりと摂っているから自分はならないと思っていたので、正直ビックリしてしまいました。特に暑い日なんかは、自分でも気が付かないうちに熱中症になってしまう人もいて怖いなと感じました。死に至ってしまうケースもあるので、簡単に考えてはいけない問題だと思います。

それでもゴルフが好きなので、何とか夏場を注意しながら乗り切りたいと思っています。日影がない場所で長時間のプレーになるので、頭を直射日光から守ることが大事ですね。

帽子は必需品ですが、首元にひんやりとするタオルを巻いておくのも効果的でした。
​水分は、お茶などではなく熱中症予防になりそうなスポーツドリンクなどを選ぶのが一番かなと感じました。
ウーロン茶やお茶だと、利尿作用があるので脱水症状になってしまう恐れがあって怖いかなと思います。必ず持ち歩くものが、塩アメや塩分がとれるタブレットです。荷物にもならずに持っていてるので必需品になっています。
多くの水分や塩分が汗で失われてしまうので、塩分の摂取を常に心がけています。

プレーに夢中になってしまうのは仕方のないことですが、自分の身体が一番なのでこまめな休憩をとって水分補給をしています。心の片隅に入れておかないと、楽しくゴルフができなくなってしまうので一緒にプレーをする人にも声掛けをしてもらうようにしています。

自分だけでなく、周囲の人にも声をかけてもらうことで熱中症になるのを未然に防ぐことができるのだと感じました。楽しくゴルフをする為にも、熱中症対策をして準備を万端にしてから出掛けるのがベストです。自分は大丈夫だという安易な考えを持ったりしないことで、自分の身を熱中症から守ることができるのだと思います。

はじめてのゴルフコンペ!メンバーと楽しむためにしておきたいこと

私が初めてのゴルフコンペに参加したのは3年ほど前で、取引先からのお誘いで参加することになりました。今までゴルフコンペに参加したことがなかったのでどうすれば良いのか戸惑いましたが、とりあえず参加する人たちと仲良くすることが重要だと思ったのでコツややっておくべきことなどを色々と調べて参加しました。

そんな私の経験からわかったコンペのメンバーと楽しむためにしておくべき事としては、まずはゴルフコンペのマナーやルールを把握しておくことでした。基本中の基本ではあるのですが、この部分をしっかりしておかないと周囲に馴染んでプレイすることができませんし他の人から顰蹙を買ってしまう可能性があるので絶対に事前に勉強しておいた方がいいと思いました。
と言うのも実際に参加したコンペで取引先の1人の人がルールやマナーを理解していなくて、他の人から顰蹙を買っていたようでした。やっぱり基本を押さえておくと言うのは誰でも簡単にできることですし、だからこそコツなのかなと思う部分も多かったです。


ほかにもしておきたいこととしては、ゴルフのプレーに集中しすぎないことだと思います。これは私もついついプレーに集中してしまいがちなのですが、そうなってしまうと他の人とのコミュニケーションがうまくできなかったりその時の話題に入ることができずに取り残されてしまうような感じになってしまうことがあります。私の時は幸いフォローしてくれる人がいたので良かったのですが、そういう人がいない場合は孤立してしまうかもしれないので気をつけた方がいいポイントです。
だからといって話に集中しすぎてプレーを疎かにしてしまうと言うのもやめておいた方が良いので、ある程度プレーにも集中しながらコミュニケーションにも気を遣う必要があるかなと感じました。なのでプレートコミュニケーションの配分に気をつけるというところも、周囲のメンバーを参考にしながら出来る限りやっておきたいコツのひとつです。

 

女性向けのゴルフ場選び

レディースデーなど女性に嬉しいキーワードを集めてみました。グルメや温泉はもちろん、託児付きやキッズルームなどママさんゴルファーにも嬉しい施設のあるゴルフ場の予約はこちらからどうぞ♪

託児 / キッズルーム / 美味しい / グルメ / バイキング / スイーツ / パウダールーム / 温泉 / 大浴場 / アメニティ / レディースデー / ラウンジ / キャディ / コンペ /

▼▼ゴルファー専用のUVケアはこちら。▼▼

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ